報酬金額

不動産売買・新築の司法書士報酬及び費用概要

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。また、下記費用はあくまでも目安です。詳しい料金等は見積を出させていただきます。見積は無料で実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
所有権移転登記
(売買)
55,000円〜 ■登録免許税(土地):評価額の10/1000
■登録免許税(建物):評価額の20/1000
■不動産の数が増すごとに加算
(根)抵当権設定登記 35,000円〜 ■不動産の数および抵当権設定金額により加算
(根)抵当権抹消登記 10,500円〜 ■登録免許税:不動産1個につき1,000円
■不動産の数により加算
登記原因証明情報の作成 11,000円〜 -
売買契約書の作成 30,000円〜 ■内容の難易度により加算

▲PAGE TOP

不動産贈与の司法書士報酬及び費用概要

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
所有権移転登記(贈与) 40,000円〜 ■登録免許税:不動産評価額の20/1000
■不動産の数が増すごとに加算
登記原因証明情報の作成※1 11,000円〜 -

※1贈与契約書を含む。

▲PAGE TOP

債務整理の司法書士報酬及び費用概要

手続き 費用 報酬 合計
任意整理 ・裁判外の場合不要
・裁判の場合印紙代1,000円〜(訴額により異なります)
・切手代1,000円〜(手続き・裁判所により異なります)
84,000円 127,500円
(債権者2社、
債権額200万円を
裁判外で150万円に減額)
自己破産書類作成 ・印紙代1,500円〜・予納金10,290円〜(同時廃止)
・200,000円〜(管財事件)
・切手 4,000円〜(手続き・裁判所により異なります)
63,000円 278,290円
債権者5社、
同時廃止の場合)
民事再生書類作成 ・印紙代10,000円〜
・予納金11,928円〜(個人再生)
・200,000円〜(通常再生)
・切手 1,600円〜(手続き・裁判所により異なります)
315,000円 338,528円
(個人再生の場合)
日当(裁判、立会い) 交通費 10,500円/1日 10,500円
分割弁済金送金手数料 - 1,000円/1件 1,000/1回

▲PAGE TOP

会社設立の司法書士報酬及び費用概要

手続き 費用 報酬 合計
すべてお任せ 198,500円 84,000円 282,500円
書類作成のみ 52,000円※1 63,000円 115,000円
定款作成認証のみ 52,000円※2 21,000円 73,000円
設立後届け出 - 5,250円/1箇所 5,250円

※1別途、登録免許税・登記簿謄本・印鑑証明書の実費がご本人様のご負担となります。
※2別途、登録免許税・登記簿謄本・印鑑証明書の実費がご本人様のご負担となります。

▲PAGE TOP

商業登記の司法書士報酬及び費用概要

下記の商業登記費用以外にも、増資、減額、合併、株式移転・交換、解散・清算などにも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

手続き 費用 報酬
役員変更 取締役、監査役の変更 登録免許税 10,000円※1
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
31,500円※2
(議事録作成2通分込み)
取締役会廃止 30,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
10,500円
株式譲渡変更 30,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
10,500円
責任限定 30,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
31,500円
支店設置 登録免許税 60,000〜69,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
31,500円
支店廃止 登録免許税 30,000〜39,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000〜2,000円
31,500円
商号・目的変更 登録免許税 30,000円
登記簿謄本 調査用 480円
完了用 1,000円
42,000円
定款作成 - 10,500円※3

※1 資本金が1億円以上の会社は30,000円になります。
※2議事録作成3通以上の場合、1通につき+5,250円、変更が5名又は5回以上の場合は1名につき+2,100円。議事録作成2通分込み、5名又は5回の変更までです。
※3任意事項追加の場合、+1個につき+1,050円 。

▲PAGE TOP

けやき司法書士事務所にお気軽にご相談ください

いわゆる「士業」と呼ばれる職種には、私ども司法書士を始め、弁護士・弁理士・税理士・社会保険労務士など、様々な種類の資格があります。このため、問題が発生した場合にどこに相談したら良いのか分かりにくいのが現状です。また、一つの問題でも、いくつもの役所での手続きや膨大な書類が要求され、何人もの専門家の力が必要となるケースも多いのが実態です。どの専門家に相談すれば良いか悩んだときは、当事務所にご相談ください。当事務所は事務処理の効率化と的確なアドバイスで、依頼された内容によって適切に動ける体制を整えております。
メールによる無料相談はこちら
各種料金表はこちら

▲PAGE TOP